ステージナタリー

舞台「アンフェアな月」製作発表、篠田麻里子「お酒を毎日飲んでみようかな」

220

「~刑事・雪平夏見シリーズ~ 舞台『アンフェアな月』」製作発表より。左から秦建日子、篠田麻里子、飯田基祐。

「~刑事・雪平夏見シリーズ~ 舞台『アンフェアな月』」製作発表より。左から秦建日子、篠田麻里子、飯田基祐。

「~刑事・雪平夏見シリーズ~ 舞台『アンフェアな月』」の製作発表が、本日11月17日に東京都内で行われた。

「アンフェアな月」は、警視庁捜査一課の女性刑事・雪平夏見を主人公としたハードボイルド小説「アンフェア」シリーズの1作品で、テレビドラマ「アンフェア」のモチーフとなった「推理小説」の続編。舞台版では篠田麻里子が主演を務め、脚本・演出を菅野臣太朗が手がける。

製作発表にはキャストの篠田と飯田基祐、原作者の秦建日子が登壇。秦は自作の舞台化について「ドラマ化されたときは日本中ほとんどが『アンフェア』という作品を知らなかったわけですが、10年経って、ドラマ・映画のキャストのイメージが強くなった中、違う『アンフェア』を作るということで、舞台化プロジェクトが進みました。チームの勇気に感謝し、どんな新しい作品ができるのかワクワクしています」と期待を語る。

篠田は「正直プレッシャーしかないですが、自分なりの雪平夏美を探し出すことが1番の課題です。新しい『アンフェア』として観ていただけたら」と呼びかける。自身が演じる雪平については「純粋で素直で一生懸命だけれど、不器用で周りにわかっていただけない部分や、ワーカホリックなところは(自分と)似ています」と笑顔。

そんな篠田について秦は「動じない雰囲気がある。周りの意見でグラグラしたりしそうにないところが素敵だなと思います」と絶賛した。

雪平の上司で、捜査一課の課長・山路徹夫役を演じる飯田は「山路は叩き上げの刑事ですが、私もどちらかと言うと叩き上げの役者なので、そこは共通しています」とコメント。さらに「舞台はいつもプレッシャーで逃げ出したくなるんですが、終わったあとは新たなスタートラインに立てる気持ちになりますので、今回もそうなれれば」と心中を明かした。

篠田は役作りについて「雪平は酒飲みな女性ですが、私はあまり飲まないので、稽古の後にお酒を毎日飲んでみようかなと」と意気込むと、飯田は「気をつけてほしいな、とだけ思います……」とツッコミを入れる。さらに秦が「雪平は芋焼酎をロックで飲みますからね」と話すと、篠田は「福岡出身なのですが、芋焼酎を飲んだことなくて、挑戦してみようかと……」と続けた。

舞台出演が久しぶりだと言う飯田が「板に乗る感覚を忘れているようで怖いんです。お客さんの反応も直に伝わりますし、いちいち動揺しないようにしないと……」と心境を述べると、篠田は「私は緊張するとより楽しくなるんです。ドMなんですかね」と会場の笑いを誘う。対して飯田は「勉強になります……」と切り返した。

最後に篠田は「来年1発目の初仕事なので、気合いが入ります。ドラマとはまったく違う作品になると思いますので、舞台でできることを全力で見せていきたいです」と締めくくった。公演は2018年2月22日から3月4日まで東京・天王洲 銀河劇場にて。チケットの一般販売は11月25日10:00にスタート。

「~刑事・雪平夏見シリーズ~ 舞台『アンフェアな月』」

2018年2月22日(木)~3月4日(日)
東京都 天王洲 銀河劇場

原作:秦建日子「アンフェアな月」(河出文庫)
脚本・演出:菅野臣太朗
音楽:野田浩平
出演:篠田麻里子染谷俊之岡田達也 / 渋谷飛鳥入来茉里田中稔彦齋藤健心、野崎弁当(MeseMoa)、川名浩介、瀬川ももえ、小森敬仁、柳沢卓馬庭良介、及川崇治、町田恵理子、安里唯、沢健太郎、坪井未来、神木彩良、重清もも子、末松杏梨(Wキャスト)、麻野心智美(Wキャスト) / 中村優一和田琢磨、内田裕也、下村青堤下敦インパルス)、飯田基祐

ステージナタリーをフォロー