ステージナタリー

「モーツァルト!」2018年上演決定!ヴォルフガングに山崎育三郎&古川雄大

2446

2014年上演のミュージカル「モーツァルト!」より。(写真提供:東宝演劇部)

2014年上演のミュージカル「モーツァルト!」より。(写真提供:東宝演劇部)

ミュージカル「モーツァルト!」が2018年5・6月に東京・帝国劇場にて上演される。

1999年にオーストリアのウィーンで初演された本作は、脚本・作詞を「エリザベート」のミヒャエル・クンツェが、音楽・編曲をシルヴェスター・リーヴァイが担当。日本版の訳詞・演出は小池修一郎が手がけ、2002年の初演以来、10年、14年と上演を重ねている。

今回の2018年版では主人公のヴォルフガング・モーツァルト役に、3度目の同役となる山崎育三郎と、古川雄大がキャスティング。コロレド大司教役を山口祐一郎、モーツァルトの父・レオポルト役を市村正親が務めるほか、平野綾生田絵梨花木下晴香、和音美桜、涼風真世香寿たつきの出演が発表されている。

山崎育三郎コメント

ミュージカル「モーツァルト!」ヴォルフガング・モーツァルト役で出演させて頂く事になりました。2010年から3度目のヴォルフガング役です。初めて主演として帝国劇場に立たせて頂いた、忘れる事の出来ない大切な作品です。この作品が僕の人生の転機となりました。様々な活動にチャレンジさせて頂いている今、再びヴォルフガングとして帝国劇場の舞台に立てることを光栄に思います。「ありのままの僕を愛して欲しい」ヴォルフガングの壮絶な人生を、是非劇場で体感して下さい。

ミュージカル「モーツァルト!」

2018年5月・6月
東京都 帝国劇場

脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞:小池修一郎

キャスト

ヴォルフガング・モーツァルト:山崎育三郎 / 古川雄大
コンスタンツェ(モーツァルトの妻):平野綾 / 生田絵梨花 / 木下晴香
ナンネール(モーツァルトの姉):和音美桜
ヴァルトシュテッテン男爵夫人:涼風真世 / 香寿たつき
コロレド大司教:山口祐一郎
レオポルト(モーツァルトの父):市村正親

ステージナタリーをフォロー