ステージナタリー

映画「22年目の告白」藤原竜也「いろんな人から受け継いだものを持って臨んだ」

513

映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」ジャパンプレミアイベントにて、下段左から野村周平、仲村トオル、藤原竜也、伊藤英明、夏帆。上段左から平田満、早乙女太一、石橋杏奈、竜星涼、岩城滉一、入江悠。

映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」ジャパンプレミアイベントにて、下段左から野村周平、仲村トオル、藤原竜也、伊藤英明、夏帆。上段左から平田満、早乙女太一、石橋杏奈、竜星涼、岩城滉一、入江悠。

映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」のジャパンプレミアイベントが昨日5月16日に、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの藤原竜也らが出席した。

本作は、時効を迎えた未解決連続殺人事件の犯人を名乗る男と刑事の攻防を描くサスペンス。イベントには藤原ほか、伊藤英明夏帆野村周平石橋杏奈竜星涼早乙女太一平田満岩城滉一仲村トオル、監督の入江悠も出席し、登壇者たちはファンの歓声を浴びながらレッドカーペットを闊歩して、劇場へ。

本作で藤原は世間をにぎわす“美しき殺人犯”・曾根崎を、伊藤は犯人を追い続けてきた刑事・牧村を演じ、初共演を果たした。藤原は「自分であって自分でない。狂わせていくというより、いろんな人から受け継いだ熱いものを持って臨んでいけばいいんじゃないかと思いながら(演じました)」と役に込めた思いを語る。また伊藤は「今までのキャリアで一番キツかったです。初日から昼夜逆転が続いて、3日間ずっと満さんと走っていて、もうやめようかなと(笑)」と撮影を回想。「だけど満さんが走っているわけですよ。無言で応援してくれている感じを受け取りながら、乗り切ることができました」と平田に感謝した。映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」は、6月10日より全国ロードショー。

(c)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

ステージナタリーをフォロー