ステージナタリー

新国立劇場バレエ団「眠れる森の美女」、オーロラ姫・米沢唯の稽古場に潜入

538

新国立劇場バレエ団「眠れる森の美女」稽古場より。

新国立劇場バレエ団「眠れる森の美女」稽古場より。

5月に上演される新国立劇場バレエ団「眠れる森の美女」。4月中旬、ステージナタリーはその稽古場を取材した。

本作は、2014年に同バレエ団の2014/2015シーズン開幕作品として新制作されたグランドバレエ。5回公演のうち、オーロラ姫を5・6日の唯一2回演じるのは、第67回芸術選奨の舞踊部門で文部科学大臣新人賞を受賞した米沢唯だ。米沢は2014年にも同役を演じている。

新国立劇場舞踊芸術監督・大原永子と、同バレエ団プリンシパルでバレエマスターの菅野英男が見守る中、米沢は「1幕のバリエーションからお願いします」と言って、ピアノの伴奏に合わせて静かに踊り始めた。中サイズのスタジオの一番奥から前へと、音に合わせてゆっくりと進み出てくる米沢。長い手脚、揺るぎないバランス感覚は、動きをさらに優雅に見せる。そのまま同じシーンを2回繰り返したあとで、大原は「無理にグリッサード(ステップ)しないで。柔らかさが出るといいかな」、菅野は「音に動きを合わせすぎると教科書通りすぎるから、もう少し自分のテンポで」と米沢に意見を述べる。米沢は頷きながら実際に脚を動して、2人の言葉を体に叩き込もうとしていた。

大原と菅野が特にこだわったのは、脚の動きの滑らかさだ。右脚を前に出す時の角度、そして残った左脚の、右脚への引きつけ方。「骨格の位置に合わせて素直に動けばいい」と大原と菅野は言うが、片脚でバランスを取りつつもう一方の爪先の角度を意識し、さらに次の動きへ自然と動きをスライドさせる難しさは、米沢ほどの技術を持ってしてもそうすんなりとはいかない。米沢は真剣な眼差しで何度か同じシーンを繰り返していたが、しばらくするともう、その動きをしっかりと会得していた。

後半は、米沢の相手役であるワディム・ムンタギロフの代わりに渡邊峻郁が参加して、第3幕のグラン・パ・ド・ドゥの稽古が行われた。魚のように弓なりになった女性を男性が支える、フィッシュダイブで知られる本シーン。優雅さと大胆さを共存させるポイントは、2人のタイミングの重ね方にあり、大原と菅野も立ち上がって、米沢と渡邊に、どこでどう動くべきかを具体的に指導した。女性がうまく回転できるように、バランスが取れるように、男性が女性のどこをどのタイミングで支えるべきか。そしてその支えによって女性はどこまで動けるか。米沢と渡邊は何度も同じシーンを繰り返しながら息を合わせていった。

その日、大原と菅野の前で米沢が踊ったのは約1時間だったが、一瞬の隙もない濃密な稽古時間だった。なお米沢は、オーロラ姫を長い眠りにつかせる、悪の精カラボス役も演じることが発表されており、「両極端なキャラクターに挑戦できることが、とても嬉しく、楽しみです」とコメントしている。

米沢唯コメント

「眠れる森の美女」は、古典中の古典バレエで、ドラマティックな要素のある「白鳥の湖」よりある意味様式的な作品だと思います。
しかし、イーグリング振付版では王子のキスでオーロラ姫が目覚めた後に二人で踊るシーンがあり、そこが王子と姫を越えた“Boy Meets Girl”の要となると思っています。オーロラ姫の他にもカラボスを踊るので、両極端なキャラクターに挑戦できることが、とても嬉しく、楽しみです。

2016/2017 シーズンバレエ公演 新国立劇場バレエ団「眠れる森の美女」

2017年5月5日(金・祝)・6日(土)・7日(日)・12日(金)・13日(土)
東京都 新国立劇場 オペラパレス

芸術監督:大原永子
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
振付:ウエイン・イーグリング(マリウス・プティパ原振付による)

キャスト

オーロラ姫:米沢唯(5・6日)、池田理沙子(7日)、木村優里(12日)、小野絢子(13日)
デジレ王子:ワディム・ムンタギロフ(5・6日)、奥村康祐(7日)、井澤駿(12日)、福岡雄大(13日)

ステージナタリーをフォロー