SpotifyPR

Spotify特集|ディレクターに聞く独自のサービス展開&ライブイベント「Early Noise Night」レポート

2008年にヨーロッパでサービスを開始し、2016年11月に日本に上陸したSpotify。現在世界で5000万人以上の有料会員を持つこの音楽ストリーミングサービスは、豊富な楽曲ラインナップやプレイリスト機能、無料と有料の2つのプランからなる独自のフリーミアムモデルで多くの音楽ファンとアーティストとの距離を縮めてきた。

音楽ナタリーではSpotify Japanディレクターの野本晶氏に、現在のSpotifyのサービス展開についてインタビューを実施。特集後半では5月に東京・SPACE ODDで開催されたSpotify主催のライブイベント「Spotify Early Noise Night vol.1」のレポートを、出演者であるRIRI、WONK、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBのコメントと併せて掲載する。

取材・文 / 近藤隼人

ディレクターに聞くSpotifyの今後の展開

日本のリスナーに提示する、新しい音楽の楽しみ方

──まずはSpotifyがどういったサービスなのか、改めて聞かせてください。

野本晶氏

Spotifyは世界で約8年の歴史を持つ音楽ストリーミングサービスです。日本では昨年11月に本格的にサービスを開始したばかりで、競合他社が先行してサービスを開始している中、「新しい音楽の楽しみ方を日本でも定着させよう」と思ってがんばっております。8年前にはほかの音楽ストリーミングサービスもいくつか存在していたのですが、Spotifyが画期的だったのはフリー会員でもサービスを利用できる点でした。Spotifyのフリー会員は期間が限定されるのではなく、機能が少し制限されるものなんです。

──Spotifyのみならず、音楽ストリーミングサービスではさまざまなプレイリストを聴くことができますが、Spotifyはどのようなプレイリスト機能を持っているのでしょうか?

Spotifyには大きく分けて3つの種類のプレイリストがあります。1つ目はSpotifyが編成したプレイリスト、2つ目はユーザーが気に入った曲を集めて作るプレイリスト、3つ目はメディアやアーティストなどが作るプレイリストです。すべて合わせると現在20億ものプレイリストがSpotify上に存在しています。また、先日「Release Radar」と「Daily Mix」というビッグデータを駆使して1人ひとりのユーザーに最適な音楽を提案する機能をリリースしました。「Release Radar」はユーザーがSpotifyでよく聴いている、もしくはフォローしているアーティストの新曲を集め、カスタマイズされた新しいプレイリストとしてユーザーに届けてくれる機能です。Spotify上での音楽聴取傾向を解析し、ユーザーにおすすめの最新リリース曲を含む最長2時間のプレイリストを毎週金曜日にお送りします。「Daily Mix」はユーザーが日頃よく聴いている曲とジャンルや雰囲気の近い曲をプレイリストにしてお届けする機能で、音楽を聴けば聴くほど、より好みを反映したプレイリストに進化していきます。

──曲の再生中には歌詞を見ることができますね。

歌詞表示機能は海外ではパソコンのみで利用できるものなのですが、日本ではスマホで歌詞を見たい方が多いだろうということで、スマホ版でも歌詞が表示されます。すべての楽曲の歌詞を見られるわけではないですが、ユーザーからのリクエストも踏まえて日々追加しています。

──Spotifyはヨーロッパやアメリカで成功を収めていますが、楽曲のラインナップは洋楽が豊富なのでしょうか?

野本晶氏

洋楽に関してはほぼすべての楽曲がSpotifyにあると思っていただいて大丈夫です。有名な曲だけでなくインディーズなども含むディープなラインナップになっていますので、ぜひ一度楽曲を検索してみてください。邦楽曲については、まだすべてのアーティストが音楽ストリーミングサービスにカタログを開放している状況ではないですが、ストリーミングもようやく日本の音楽業界の中で市民権を得始めたので、段々とラインナップが増えてきています。

──アプリでのサービスだけでなく、5月にはSpotify主催の「Spotify Early Noise Night vol.1」というイベントが開催されました。

イベントのタイトルに入っている「Early Noise」というフレーズは、Spotifyにあるプレイリストの名前なんです。これはSpotifyが注目する新しいアーティストを紹介するプレイリストで、音楽シーンを元気にするためには面白い新人が音楽を発信し、ファンを獲得していけるような環境が必要だという思いから作成したものです。そしてユーザーは音楽を聴いたら今度は実際にライブを観たいと思うだろうということで、プレイリストで紹介したアーティストを軸にした面白い組み合わせのライブイベントを実施したいと「Spotify Early Noise Night」を企画しました。今後もこのイベントは続けていくつもりです。

プレイリスト「Early Noise Japan」

──Spotifyの今後の展望を教えてください。

ユーザーに曲を聴いてもらえばもらうほどその記録はビッグデータとして蓄積され、Spotifyのレコメンドの精度は高まります。そのデータは日本だけでなく世界ともつながっていくので、そういった世界への広がりをプロデュースできたらいいなと思います。例えばAmPmやThe Hotpantzは海外のプレイリストなどでピックアップされたことで短期間で再生数が跳ね上がったり、口コミで世界へ爆発的な広がり方をしました。新人やベテランだとか、メジャーやインディーズだとかそういうことは関係なく、よいアーティストの楽曲が世界の音楽ファンに届き、音楽シーンがさらに盛り上がるように力を尽くしていきたいです。

「Spotify」
Spotify
Spotifyとは

2008年10月にヨーロッパでサービスを開始した、スウェーデン発の音楽ストリーミングサービス。2011年にアメリカに進出し、2016年11月に日本で本格的なサービスを開始した。国内外4000万曲以上の楽曲ラインナップを保有し、2017年6月時点で世界での有料会員数が5000万人超を記録。同年5月には新進気鋭のアーティストが集まるライブイベント「Spotify Early Noise Night vol.1」を開催した。