音楽ナタリー

野田洋次郎、映画「泣き虫しょったんの奇跡」に松田龍平のライバル棋士役で出演

2562

野田洋次郎RADWIMPS)が2018年公開の映画「泣き虫しょったんの奇跡」(仮)に出演することが発表された。

「泣き虫しょったんの奇跡」(仮)は脱サラ棋士・瀬川晶司五段による同名小説を実写映画化するもの。将棋一筋で生きてきた瀬川が「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇格できないものは退会」という新進棋士奨励会の厳しい規定により退会という挫折を味わうも、周囲に支えられながら再びプロ棋士という夢に挑むサクセスストーリーが描かれる。監督は自身も将棋のプロを目指した過去を持ち、17歳まで新進棋士奨励会に所属していた豊田利晃。また主人公の瀬川を松田龍平、彼を陰ながら支える親友かつライバルの鈴木悠野を野田が演じる。

松田、野田の両人は現在、瀬川の指導のもと将棋の指し方や棋譜の読み方を学んでおり、8月末のクランクインに向けて役作りを進めている。将棋の練習について野田は「まったくの無知ながら将棋の手ほどきを一度受けはじめるとその面白さに圧倒されます。その先に広がる宇宙を想像してワクワクしています」とコメント。さらに「百戦錬磨の俳優の方々の中で自分がどれだけのことができるか不安は尽きませんが、楽しみを見つけながら少しでも僕自身この作品にプラスのエネルギーを提供できるよう精一杯努めたいと思います」と意気込みを語っている。

松田龍平 コメント

映画、「泣き虫しょったんの奇跡」をやらせて頂く事になりました。 瀬川棋士に指導して頂き、駒に触れるたびに将棋の魅力に引き込まれています。 この映画で豊田監督とタッグを組んで挑めることを嬉しく思います。

野田洋次郎 コメント

豊田監督の作品は好きで観ていたのでお話を頂いた時はびっくりしました。どんな撮影になるのか、少しの不安とたくさんの楽しみが入り混じっています。普段友達として一緒にいる時には見れない松田龍平の姿を見て僕もたくさん刺激をもらいたいと思います。(瀬川五段から)直接指導をして頂くたびにこんな贅沢な時間を過ごさせてもらっていいのだろうかと恐縮しています。技術的なことはどう足掻いても辿り着けない境地ではあるので対局中の心の変化や、実際の悠野役の方の性格や将棋の指し方など瀬川さんが直接肌で感じる部分を知りたくて質問しながら将棋を教わっています。そしてまったくの無知ながら将棋の手ほどきを一度受けはじめるとその面白さに圧倒されます。その先に広がる宇宙を想像してワクワクしています。(クランクインをひかえ)百戦錬磨の俳優の方々の中で自分がどれだけのことができるか不安は尽きませんが、楽しみを見つけながら少しでも僕自身この作品にプラスのエネルギーを提供できるよう精一杯努めたいと思います。

豊田利晃監督 コメント

少年時代、将棋の世界に生きていた僕は将棋を憎んでました。原作を読んだとき、その憎しみが消えていくように涙がでました。 もう一度、謙虚に、将棋の世界を見つめ直したいと思っています。映画監督20年目にふさわしい作品にしたいと思っています。そして、松田龍平と新しく出逢えるチャンスを与えられたことに喜びを感じています。と同時に龍平と組むときは絶対負けられな いという思いがあります。

原作者・瀬川晶司 コメント

(映画化されると聞いて)言葉では言い表せないほど、うれしく思っています。しかも、私の役が松田龍平さんなんて、夢のようです。原作「泣き虫しょったんの奇跡」は、私の大好きな人ばかりが出てくる、大切な本です。今回の映画化を機に、一人でも多 くの方に読んでいただけたましたら、これ以上の幸せはありません。(指導によって)松田さんの将棋の腕前は、ほぼ初心者状態のスタートから、格段に上達されました。その集中力は驚異的です。さらに実力アップされていくはずです。折しも将棋ブームでもありますし、これを機に松田さんにも、ぜひ将棋にハマっていただきたいです。(この映画を)夢を追っている方、仕方なくあきらめてしまった方、夢を探してる方、今は特に何もないという方、すべての方にご覧いただきたいです。きっと心に響くものがあると思っています。

企画・森恭一 コメント

豊田監督が将棋と出会わせてくれた。「諦めなければ、夢は叶う」「こんな、2度目のチャンスがあっていいはずだ」 直球だが、この2つのテーマは全世代に届くはずだと思いました。将棋と瀬川さんに魅了され、テーマをリアルに体現できるのは松田さんしかいないと確信しました。「青い春」で鮮烈な印象を残した豊田監督と松田さんが、16年の歳月を経て、タッグを組むことに、多くの人が賛同してくれたと思います。

(c)2018「泣き虫しょったんの奇跡(仮)」製作委員会

音楽ナタリーをフォロー