映画ナタリー

「リミスリ」初日、高橋一生が満島真之介からデートに誘われ「僕は今日にでも行く」

657

「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング ビューティ」初日舞台挨拶の様子。

「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング ビューティ」初日舞台挨拶の様子。

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング ビューティ」の初日舞台挨拶が本日10月21日に東京・新宿武蔵野館で行われ、キャストの桜井ユキ佐々木一平阿部純子満島真之介高橋一生、監督の二宮健が登壇した。

本作は、小さなサーカス団でマジシャンの助手を務める女性オリアアキを主人公にした物語。桜井がアキ、高橋がアキの恋人・カイトを演じた。イベントは満島扮する劇中キャラクター・ときめきチャーリーの「チャーリーファニタイム!」という掛け声からスタート。満島はそのままチャーリーとして、バニーガールを従え司会を務める。

「今日は過激な質問飛んじゃうかもしれないよ! よろしく」とハイテンションで進行するチャーリーに、思わずキャスト陣も笑みをこぼす。「主演の桜井ユキちゃんだよ。初日の気持ちは?」と振られた桜井は「オーケー、チャーリー」と答え、「脚本が素晴らしくて、惚れ込んでしまった役でした。ちょうど1年前に撮影をしていて、こうして初日を迎えることができてうれしいです」と喜びを語る。

マスコミ陣のフラッシュを焚いた撮影にチャーリーは「もう目がチカチカしちゃう。次はお待ちかね、みんなの目をチカチカさせる高橋一生さん。よろしく」と続けていく。高橋は「キャストもスタッフも監督の頭の中が大好きです。この瞬間に立ち会えたことが幸せ」と話し、チャーリーは「今とっても忙しいみたいだね! 僕が君をデートに誘えるのはいつなの?」と反応。この無茶振りに高橋は「オーケー、チャーリー」と乗っかり、「アキは3年先までスケジュールが埋まってる。でも僕は今日にでも行く」と劇中のセリフを引用して答え、客席をざわつかせた。

続いて現実と妄想の境界が破綻していくという物語にちなみ、キャスト陣が自身の妄想を語るコーナーも。リュウ役の佐々木が「自分が死んだ2、3日後を想像すること」、マリア役の阿部が「高橋一生さんになって、an・anの表紙に出ること」と述べていく中、高橋は「僕の妄想は二宮健監督ともう一度、映画を作ること」と発言する。チャーリーは「あざとーい!」と言いつつ、「僕も一緒にね」とアピールした。

最後、二宮は「映画監督は妄想が仕事みたいなところがあって。この作品に込めたのは、全員に与えられた妄想やイマジネーションの力で自分を乗り越え、日常を打破していくこと。そういったことがこの作品に映り、皆さんの心に届くとうれしいです」と挨拶し、イベントは幕を閉じた。

「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング ビューティ」は、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

(c)2017 KingRecords

映画ナタリーをフォロー