映画ナタリー

佐野岳「映画の神様が笑った」と主演作「報復」振り返る、撮影後は猫カフェへ

181

「報復~かえし~」舞台挨拶の様子。左から山口雄也、佐野岳。

「報復~かえし~」舞台挨拶の様子。左から山口雄也、佐野岳。

「報復~かえし~」の舞台挨拶が本日10月19日に東京・渋谷HUMAXシネマにて開催され、主演の佐野岳、監督の山口雄也が登壇した。

本作は、高校生のときに強姦未遂および殺人で逮捕された青年・山井を主人公とするクライムサスペンス。佐野が出所後に田舎町の小さなヤクザ事務所で働く山井を演じ、その脇を津田寛治、木下美咲、近藤芳正、戸塚純貴、内田理央、森本のぶ、ラサール石井、ガダルカナル・タカらが固める。

「重い作品」と本作を説明する佐野は「撮影のとき以外はホテルに閉じこもってました。人と距離をとろうと思って」と役作りについて語る。その言葉に山口は「現場では笑ったところを1度も見なかった。でも打ち上げでは最初から満面の笑みで、スタッフと『佐野岳って笑うんだ』って話しました」と佐野の徹底ぶりを明かす。佐野が「撮影終了後、実家帰って猫に癒やされました。それだけにとどまらず、猫カフェやうさぎカフェにも行ってきました」と気分を切り替えるため動物と触れ合ったことを語ると、会場から「かわいいー」と歓声が漏れた。

自身の出身地である愛知県一宮市での撮影について佐野は「通学路を横目で見ながら撮影しました」と述べ、「撮影が大雪と被ってしまいとまどった」と振り返る。山口が「しょうがないと腹をくくり撮ったら、雪が意外とよかった」と続けると、佐野も「映画の神様が笑った」と同意した。

役作りのため「弁当も1人で食べていた」と言う佐野は「共演者の(戸塚)純貴くんや笠原崇志くんが僕の考えをくんでくれて、現場を盛り上げてくれた。感謝の気持ちでいっぱい」と述懐。また津田に関して「現場ではほとんどしゃべってないです。だけど安心感や包容力があって憧れました」と尊敬の念を語る。

「ライフワークとしてアクション作品に出続けたい。そして今作に出てもっとヒューマンドラマにも出演したいと思いました」と今後の抱負を語った佐野。最後の挨拶を振られると「『報復~かえし~』が多くの劇場で上映されることを願っています」と語り、イベントの幕を引いた。

「報復~かえし~」は順次ロードショー予定。

映画ナタリーをフォロー