映画ナタリー

「花戦さ」会見で野村萬斎と市川猿之助が共演喜ぶ、佐藤浩市は「もっと踏んで!」

386

「花戦さ」公開直前記者会見の様子。

「花戦さ」公開直前記者会見の様子。

花戦さ」の公開直前記者会見が本日5月29日、東京・東京国際フォーラムにて行われ主演の野村萬斎をはじめとするキャスト10名と監督の篠原哲雄が登壇した。

花僧・池坊専好を主人公にした本作は、戦乱で荒れ果てた京都が舞台の時代劇エンタテインメント。記者会見には萬斎と篠原のほか市川猿之助中井貴一佐々木蔵之介佐藤浩市高橋克実山内圭哉和田正人森川葵吉田栄作が出席した。

専好を演じた萬斎は「撮影では濃い時間を過ごせた。面白おかしくも、真剣にも演じさせていただきました」とコメント。続けて「これだけのキャストに囲まれて、演じることの楽しさをまた知ることができました」と述懐する。

豊臣秀吉役の猿之助は「素晴らしい大先輩方の胸を借りてお芝居ができたことで、歌舞伎役者としての幅が広がりました」と振り返る。千利休に扮する佐藤は「チャンバラがなくても時代劇を観たという充足感があります。このような作品が年に何本か作られて、時代劇が未来永劫伝わっていくことを願います」と熱く語った。

先輩俳優に囲まれた森川は「こんな中に自分が紛れているのが不思議です。同じ作品に出させていただくことはなかなかないことですし、幸せです。この中から誰かを選べと言われても選べません」と心境を述べる。「私だけ羽二重なしの地頭カツラで、着脱が簡単でした」と挨拶した高橋は見どころについて「どこを切り取っても画がきれいなところ、花やお茶などの日本の文化、そして私の地頭カツラ」と述べ、笑いを誘った。

萬斎との共演について猿之助は「能と歌舞伎は近くて遠い存在なので、映画という舞台で図らずも共演できてうれしかった。初めてだけど初めての気がしない」と述べ、笑顔を見せる。一方、猿之助との共演について萬斎は「楽しみでした。僕とのシーンはもちろんですが、浩市さんを踏んづける場面などが素晴らしかったです。嫌なやつがチャーミングに見えるのはすごい」と称賛。2人の言葉に佐藤は「伝統芸能という“型”を大切にする方々と演じられて面白かったです。猿之助くんが頭を踏んでくれるシーンでは、2人と違い僕は圧がかからないと演じられないので『もっと踏んで!』とお願いをしました」と振り返った。

「花戦さ」は、6月3日より全国ロードショー。映画ナタリーでは追って本日行われる記者会見の様子をレポートする。

(c)2017「花戦さ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー