映画ナタリー

内田有紀&田辺誠一が「斉木楠雄のΨ難」で山崎賢人の“ぶっ飛んだ”両親役に

665

山崎賢人が主演を務める「斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのサイなん)」に内田有紀田辺誠一が出演することがわかった。

本作は、麻生周一のマンガを福田雄一が実写化した学園コメディ。超能力を生まれ持ったため日々災難に見舞われてしまう高校生・斉木楠雄の日常を描く。楠雄役の山崎のほか橋本環奈新井浩文吉沢亮笠原秀幸賀来賢人ムロツヨシ佐藤二朗らが出演する。

このたび、内田が楠雄の母・久留美、田辺が楠雄の父・國春を演じることが明らかに。内田は「可愛くて大好きなキャラクターを福田監督の下、田辺さんと手を取り合って演じることが出来て幸せでした」、田辺は「いやー、最高にシュールでぶっ飛んだ原作、賢人君はもう楠雄そのものだし、ずっとご一緒したかった福田雄一ワールドだし、その中で内田さんと普通じゃないぶっ飛んだ夫婦を演じるのはとてつもなく楽しかったです」とそれぞれ楽しげに現場を振り返っている。

「斉木楠雄のΨ難」は、10月21日より全国ロードショー。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

内田有紀 コメント

楠雄のママ・久留美を演じさせて頂きました内田有紀です。
可愛くて大好きなキャラクターを福田監督の下、田辺さんと手を取り合って演じることが出来て幸せでした。撮影の合間には監督がご自身の奥様のお話をして下さってその顔がとても幸せそうで、素敵で……
そんな奥様思いの福田監督の作品ですから観てくださった方は必ず幸せな気持ちになれると思います。是非ご期待ください!

田辺誠一 コメント

いやー、最高にシュールでぶっ飛んだ原作、賢人君はもう楠雄そのものだし、ずっとご一緒したかった福田雄一ワールドだし、その中で内田さんと普通じゃないぶっ飛んだ夫婦を演じるのはとてつもなく楽しかったです。
この親にしてこの子ありという、楽観が服を着て歩いているような夫婦、ハッピーな斉木家になっているんじゃないでしょうか。

(c)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

映画ナタリーをフォロー