映画ナタリー

「3月のライオン」現場レポ、染谷将太が特殊メイクで神木隆之介の“心友”を熱演

708

映画「3月のライオン」より、二海堂晴信役の染谷将太(左)、桐山零役の神木隆之介(右)。

映画「3月のライオン」より、二海堂晴信役の染谷将太(左)、桐山零役の神木隆之介(右)。

羽海野チカ原作・神木隆之介主演「3月のライオン」の撮影に、映画ナタリーが密着した。

本作は17歳のプロ棋士・桐山零が、川本家の3姉妹との交流や、個性豊かな棋士たちとの対局を通じて成長していくさまを描く物語。2016年5月に東京・将棋会館で行われた撮影の現場には、零役の神木らに加え、二海堂晴信役の染谷将太の姿もあった。撮影されたのは獅子王戦トーナメントの対局シーン。何組もの棋士たちが向き合う中、二海堂も鬼気迫る表情で将棋盤をにらむ。

零と同じくプロ棋士である二海堂は、幼い頃から切磋琢磨してきた零のことをライバルかつ“心友”と勝手に呼んでいる。実は難病を抱えているが、人一倍明るく前向きな性格で、将棋への情熱は誰にも負けないという役どころだ。ふくよかな体型の二海堂に扮するため、染谷は特殊メイクで変身。これについて監督の大友啓史は「この作品はみんな等身大に近いキャラクターだから、最初は二海堂(役の俳優)も本当に太ってもらわなきゃ駄目かなと思っていました」と明かす。

しかしさまざまなテストを重ね、信頼できる造形スタッフとも出会えたことで、二海堂役の俳優には特殊メイクを施して演じてもらうことに。大友によれば、二海堂は「目の表情が勝負」とのことで、一見クールな芝居の多い染谷が演じる面白さを感じて起用に至ったという。染谷との撮影を経て、大友は「『明日命を失ってしまうかもしれない人だから、とにかく全力で瞬間燃焼だよな。ほかの人より体温の高い芝居をしてもOK』と話しました。特殊メイクもあったのかもしれませんが、演技を楽しんでいるのが伝わってきたので、こちらも撮っていて楽しかったですね」と語った。

そんな大友は撮影現場にて、モニターに映る染谷の姿を見ながら「かわいいんだよ」とご満悦の表情を見せる。また撮影現場の室温は、染谷に対するスタッフの気遣いから低めに設定されていて、「(温度は)二海堂合わせで!」と声が飛ぶ場面もあった。

「3月のライオン」は前後編2部作で公開。前編は3月18日、後編は4月22日より全国にてロードショー。共演者には有村架純、倉科カナ、清原果耶、佐々木蔵之介、加瀬亮、伊藤英明、豊川悦司、前田吟、高橋一生、中村倫也らの名が並ぶ。

(c)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

映画ナタリーをフォロー