アニメ「捏造トラップ-NTR-」PR

「捏造トラップ」|コダマナオコ×加隈亜衣×逢坂良太が語る 百合姫の“昼ドラ枠”「捏造トラップ-NTR-」のイケナイ魅力

テレビアニメ「捏造トラップ-NTR-」が、7月5日にスタートする。同作は百合姫(一迅社)で連載中の、彼氏がいるのに親友の蛍からのアプローチに惑わされてしまうヒロイン・由真を描く百合マンガだ。

コミックナタリーではアニメ化を記念し、主人公・岡崎由真役の加隈亜衣、由真の彼氏・武田役の逢坂良太、そして原作者のコダマナオコによる鼎談を実施。それぞれが演じるキャラクターについてはもちろん、“彼氏持ち同士の百合”や“NTR”といった、少々ディープな魅力について、存分に語り合ってもらった。

取材・文 / 増田桃子 撮影 / 島袋智子

コダマナオコ×加隈亜衣×逢坂良太 鼎談

左から逢坂良太、加隈亜衣。

由真の流されやすさはちょっとやばい(笑)。(加隈)

──コダマさん、アニメ化が決まったときはどんなお気持ちでしたか。

コダマナオコ すごくうれしかったです。お話を聞いたときは、もう「マジ? 夢?」みたいな感じでしたね。しばらくはフワフワした感覚で、実感が湧くまで時間がかかりました。

──由真役に加隈亜衣さん、武田役に逢坂良太さんと聞いたときは?

コダマ アニメにそれほど詳しくない私でも、お名前知っている方々なので、素直にすごいなと。アフレコでおふたりの声を聞いて、やっとアニメになることを実感してきました。できあがったPVを観たときは「うわー! 動いてる! しゃべってる!」って、感動でした。

加隈亜衣 先生にそう言っていただけるとうれしいです。

逢坂良太 ありがたいですね。

コダマ PVのアフレコを見学させていただいたのですが、私が考えてないような深いところまで、キャラクターについて考えて演じていただいてるんだなと感じました。

アニメ「捏造トラップ-NTR-」PVより。

加隈 私は自分が読者としてマンガを読むときも、キャラクターの声をイメージして読んでいるんです。だからマンガ原作の作品を演じる際は、できるだけ自分がイメージするキャラクターの声に、自分の声を近づけていくようにしてるんですね。でも由真はなかなか声が近づいてくれなくて、難しいなって思っていたので……ちょっと安心しました。

──加隈さんと逢坂さんが「捏造トラップ-NTR-」を読んだ印象はいかがですか。

逢坂 率直な感想としては「由真ってなんであんなにあっさり蛍を受け入れるのかな」って(笑)。

加隈 わかります! 私自身もどちらかと言うと流されやすいほうなんですけど、由真の流されやすさはちょっとやばい(笑)。「ちょっと待って」って言いながら手に力が入ってない、みたいな。

逢坂 まあそういう気があったってことなんでしょうけど、それにしても快楽に弱すぎだろうって(笑)。

「捏造トラップ-NTR-」より。©コダマナオコ / 一迅社

──加隈さんはご自身と由真が似ているなと思うところはありますか?

加隈 うーん……受け身体質というか、周りが誘ってくれたらとりあえず付いていっちゃうタイプではありますね。あと人から薦められると「自分もこういうの好きかも」ってすぐ思ったりとか。でも由真ほどじゃないです(笑)。

逢坂 さすがに由真は流されすぎ(笑)。

加隈 でも由真は由真なりに誠実なのかもしれないですけどね。蛍の気持ちに応えようとした結果と言うか。彼氏の武田をすぐに忘れるのは、ちょっとひどいけど(笑)。

「捏造トラップ-NTR-」は百合姫の“昼ドラ枠”(コダマ)

──おふたりは今まで百合を読んだことはありましたか?

逢坂 何年か前、アニメで百合っぽい作品が増えた時期があったじゃないですか。だから知識として百合というジャンルがあることは知っていましたけど、じっくり作品を読む機会はあまりなくて。

加隈亜衣

加隈 私はBLとか百合っていうジャンルを知ったのがわりと大人になってからなんですよね。自分では体験したことがない世界だし、やっぱりマンガやアニメの話だなって感覚でした。でも「捏造トラップ-NTR-」に関わるようになって、イケナイ感じとか、周囲に受け入れられないところに、読者さんはドキドキをしてるんだろうなってわかってきましたね。

逢坂 確かに、実際に自分が作品に関わると違いますよね。俺はちょっと見る目が変わりました。いざ原作を読み返してみたら、なんかすごくドキドキしちゃって(笑)。中学生ぐらいに戻った気分になりました。

加隈 なんか逆にピュアになっちゃいますよね(笑)。

コダマ 私はずっと百合を描いてきて、当たり前になっちゃっているので「女の子同士の恋にドキドキする」というおふたりの意見はすごく新鮮ですね。「捏造トラップ-NTR-」は百合姫の“昼ドラ枠”って呼ばれてて(笑)。

逢坂 それ面白いですね(笑)。

コダマ 実は最初は既婚者同士の百合にしようかって編集さんと話してたんですよ。

加隈 えー、そうなんですか。どうしてですか?

コダマ そのとき、自分の中で既婚者同士の百合萌えがあったんです(笑)。でも百合姫は若い読者さんが多いので、主役が既婚者だと取っ付きにくいんじゃないかと。じゃあ彼氏持ちの女子高生同士にしてみようと。

逢坂 まだ目覚めていないというか、ギリギリな感じがいいんですかね。

コダマ 自分が女の子を好きだって自覚していない子が主人公だと、読者さんも入りやすいかなと思いまして。

加隈 もし既婚者同士になってたら、本当に昼ドラになってましたね(笑)。

テレビアニメ「捏造トラップ-NTR-」
初回放送日時
  • TOKYO MX1:2017年7月5日(水)27:40~
  • TOKYO MX2:2017年7月11日(火)25:35~
  • BS11:2017年7月7日(金)27:30~
  • AT-X:2017年7月5日(水)20:00~(リピート放送あり)
初回配信日時
  • AbemaTV:2017年7月5日(水)23:30~
  • GYAO!:2017年7月5日(水)27:40~
  • ニコニコ動画:2017年7月5日(水)27:40~
  • ひかりTV:2017年7月5日(水)27:40~
  • ビデオマーケット:2017年7月5日(水)27:40~
  • 楽天ショウタイム:2017年7月5日(水)27:40~
  • FOD:2017年7月5日(水)27:40~
  • Amazonビデオ:2017年7月5日(水)27:40~
  • DMM.com:2017年7月6日(木)10:00~
  • dアニメストア:2017年7月6日(木)12:00~
  • U-NEXT:2017年7月6日(木)12:00~
スタッフ
  • 原作:コダマナオコ(一迅社刊「コミック百合姫」連載)
  • 総監督:ひらさわひさよし
  • キャラクターデザイン:川島勝
  • 脚本:WORDS in STEREO×内堀優一
  • アニメーション制作:Creators in Pack.Inc
キャスト
  • 岡崎由真:加隈亜衣
  • 水科蛍:五十嵐裕美
  • 藤原:小野大輔
  • 武田:逢坂良太
コダマナオコ「捏造トラップ-NTR-⑤」
2017年7月18日発売 / 一迅社
コダマナオコ「捏造トラップ⑤」特装版

特装版
コミック 1566円

Amazon.co.jp

コダマナオコ「捏造トラップ⑤」

コミック 734円

Amazon.co.jp

コダマナオコ
コダマナオコ
2006年に恋愛天国(竹書房)でデビュー。その後、コミックエール(芳文社)、ARIA(講談社)、芳文社の百合アンソロジー「つぼみ」などで活躍する。2012年よりコミック百合姫(一迅社)にて執筆を開始し、2014年より「捏造トラップ-NTR-」を連載中。
加隈亜衣(カクマアイ)
福岡県出身、9月9日生まれ。主な出演作は「ブレイブウィッチーズ」(雁淵ひかり役)、「クロックワーク・プラネット」(リューズ役)、「sin 七つの大罪」(ベルフェゴール役)など。
逢坂良太(オオサカリョウタ)
徳島県出身、8月2日生まれ。主な出演作は「つり玉」(真田ユキ役)、「ダイヤのA」(沢村栄純役)、「ALL OUT!!」(八王子睦役)など。